初めての転職で気を付けたいポイント

この記事の所要時間: 56

転職後に失敗した7つのパターン

こんなはずじゃなかった・・・転職失敗談。
転職を考え始めた人はぜひ見てください。
初めての転職で気を付けたいポイントを紹介します

面接官と話しが盛り上がり、そのまま入社。いざ始めてみると…
面接官と一緒に働くわけではありません。もちろん会社に入ると上司になるケースもあります。面接でいくら話が盛り上がったとしても、面接官で会社が成り立っているわけではないので、入社前に職場の雰囲気や人間関係を事前に把握しておくことも大切になります。
社内制度や社風に魅力を感じ入社。思ってもいない所で
福利厚生が充実しています。最近では昼食無料制度、育児休暇、旅行支援制度、スマホ支給制度など魅力的な社内制度がたくさんあります。ユニークな社内制度を見つけると実際に取り入れている会社が増えています。魅力的な会社ですが、実際はどうなのか知りたいですよね。実際は入社してみないと分からないものです。そんな時は転職サイトのエージェントに聞いてみましょう。ユニークな社内制度を取り入れている背景・裏情報に隠れた事実を発見なんてこともありそうです。
収入が不満で成果報酬型のベンチャーへ入社。仕事でミスして報酬激減
成果報酬型のベンチャー企業を選ぶことには魅力がありますが迷うところです。ベンチャー企業は若手が多いので実力次第では役職に就くことも可能です。役職に就くことで年収は飛躍的にアップすることでしょう。ただベンチャー企業の中には退職金制度そのものがないところもあります。
やりがいを求めて転職。毎日終電で帰宅
「やりがいを求めて転職」と考えている人は多いと思います。ただ「やりがい」というのは能力やスキルを高めるのに必要なものです。ですから、「毎日同じことをしている仕事」に「やりがい」を感じることはなくなってきてしまうのです。
コネを利用して転職したけど、仕事に不満
友人の会社や起業した上司に誘われたり、業界によっては起業や独立するケースもあります。知人からの紹介であれば入社後のイメージを持ちやすいので採用されやすいことでしょう。しかし知人が転職先での評判が悪く、仕事がやりにくいなどという話はよく聞きます。自分でイメージを持って転職は考えてみましょう
転職先の確認ミスで、配属先が思いもよらない所へ
求人票だけを見ていると、転職先のイメージばかり膨らみます。思い込みだけで転職をする人が多いのが現実です。求人票に踊らされるだけでなく、「具体的な仕事内容」「職場の雰囲気・人間関係」に加えて、「給与など処遇面」を事前に把握することが必要です。
衝動的に退職したけど、離職期間が長くなる
退職してから離職期間が半年を超えると職に就くのが不利になる可能性があります。人事担当者からすれば「仕事への意思はあるのか」「スキルは?」などネガティブに思われてしまうでしょう。一概には言えませんが、退職してからの離職期間が半年を超えると不利と言われています。しかしこれは30代,40代の人の話で20代,30代前半はこれから活躍できる世代です。一般常識にはとらわれない若さと積極性で転職を狙いましょう。

転職エージェントに相談して無料でサービスを受けてみよう

転職のプロフェッショナル、エージェントとパートナーを組みあなたの転職を成功させましょう。
エージェントは依頼を受けた企業から成功報酬を得ることで運営が成り立っている会社です。
あなたは、無料でサービスを受けることができます。

転職サイトの求人票・情報だけで判断をしない
企業内部の雰囲気や直近の企業の情報、どんな人材を求めているか、社内制度、有給取得率などを事前にお伝えすることができます
履歴書・職務経歴書は一人では行わない
あなた自身の知識やスキルを評価するのは他人です。これまであなたがやってきた実績こそ転職には有力情報です。やりたいこと・アピールすべきことを整理しましょう。入社後のミスマッチは格段に減ります。
インターネットの口コミや情報だけで判断しない
業界・企業について調べたり、自分の知識とスキルの接点を見出すのは時間と手間もかかります。エージェントと相談することでどの業界であなたの知識と能力が活かせるかを客観的にアドバイス
面接対策本だけで対策を行わない
あなたが応募する企業の面接の前にエージェントが面接の指導に当たります。エージェントは企業の人事担当者と太いパイプを持っていることが多いので人事担当者がどのような質問をして、どのように答えたらいいかを徹底指導します。また面接後のフォローもするので次回の面接のときに役に立ちます。
年収交渉は妥協せず、積極的に
エージェントとパートナーを組む目的はやはり年収アップです。あなたが期待する年収プラス好条件が出るようにエージェントは交渉を代行します。直接は言いづらい内容なので、エージェントに代行してもらい年収アップを狙いましょう

転職エージェント一覧

リクルートエージェント リクルートエージェント
リクルートエージェントは、
リクルートグループが管理運営する転職支援エージェントサイト
あなたの転職したい分野に特化した専門のアドバイザーが、
あなたの転職を専門的にバックアップします。
登録はもちろん無料です。
リクルートエージェントでは求人募集を頂く企業様より
紹介手数料を頂いております。
マイナビエージェント マイナビエージェント
マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」、
転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営する人材紹介サービスです。
マイナビエージェントは無料でサービスを受けることができます。
その理由は、求人募集を頂く企業様より紹介手数料を頂いているからです。
転職コンシェルジュのワークポート 転職コンシェルジェのワークポート
ワークポートは2003年3月に設立された株式会社ワークポートによって管理運営されている転職支援サービスです。
特にIT、ゲーム業界に強いネットワークを持っている
転職支援サービスの会社です。
他のネットの支援サービスとの違いは、
インターネットで登録しただけではなく、
ワークポートの会社に行って 、面談を行うことです。